ギャンブルホール

日本では賭博は違法だが、賭博を合法化するため、最近、同国ではカジノ法案が提出された。カジノ第1号はまだ作られていないが、法案の提出は、国内の風向きの変化を示す明白な証拠としてとらえることができる。それだけではなく、この地域で賭博産業が広い支持を得ることにより、他の多くの国も後に続くことが予想されている。しかし、一見したところ以上になすべきことは多い。日本が間もなく初めてのカジノ施設を設置することで、賭博界は産業界への新たな貢献と目的を見出すだろう。

賭博——

賭博

日本における賭博の歴史は長い。それは6世紀まで遡るが、20世紀にはいくらかの現代的な進歩があった。以前は競馬、競輪、サッカーくじ、宝くじ、モータースポーツくじ、大衆スポーツくじなど、すべての形式の賭博が犯罪とされていた。驚くべきことに、同国は賭博を、第二次世界大戦を生き抜くための助けとなるよう、改革の一形式として活用した。その禁止は依然として存在し、刑法第23条として施行されている。

刑法第23—-

刑法は公私を問わず、いかなる形式の賭博も禁止している。しかし、刑法は、オンライン賭博やそれに参加する者ではなく、賭博の業務についてのみ言及している。その定義により、海外の賭博サイトでは自由に賭博をすることができる。もうすぐ日本で賭博が解禁されるため、同様にして、他のすべての規制も無効になるだろう。

統合型リゾート [IR] 実施法——

この法令は日本で賭博を合法化するために導入された、同法は2000年から着手されていたが、2018年に可決された。これにより、日本が独自のカジノを所有し、法律によって賭博産業を統制するということになるのだ。カジノの建設予定地も法律によって統制される。

規制

国会議員は、法案を可決する一方で、日本が賭博依存症に溺れてしまうと感じていたため、地元住民に特定の規制を設けることを決めた。地元住民は、1週間に3回、もしくは、1ヶ月に10回までカジノに入ることができ、入場料として6000円を支払うことになる。これは依存症を抑止するためのものだ。

カジノ管理委員会——:

カジノ管理委員会

カジノはカジノ管理委員会が管理する統合型リゾート(IR)の一部となる。同委員会はカジノ所有者の事業免許の承認権および剥奪権を持つ。それとは別に、同委員会は同産業の事業運営を統制し、問題が生じた時には対処し、内閣府の外局として機能することになる。

候補—-

5つの企業が事業免許取得申請を行ない、MGMのみが大阪での契約をとりつけた。他の企業は他の2つの都市、東京と横浜における事業免許に狙いを定めている。

結論—-

導入の試みは近年、法案が提出された2015年に始まった。日本は競馬を許可しているが、国内に新しい形式の賭博を導入する必要があった。もうすぐ賭博が国内で合法化されることで、我々はそこに期待する以上のものを同国が生み出すことを楽しみにして待つことができる。

ランドカジノの建設については、まだ明確な時期が決まっていませんが、オンラインカジノなら今日からでもプレイ可能です。

オンラインカジノはEcopayzなどを使用して、簡単に入金が可能です。

下記の記事をぜひ参考にしてみてください。

【ecoPayz決済】ベラジョンオンラインカジノの入金・出金に使えるエコぺイズの使い方を解説

Discussion

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *